Rob

ロボットがImpala 3のフラットベッドにメディアのセットと排出を行います。ロボットとプリンタで業務をこなし、作業者の業務負担を軽減します。自動化により利用度を最適化すれば、収益アップが図れます。

Rob

表面が無孔質で十分な固さのあるリジッドメディアであればほとんどの基材に対応できます。10分もかからない簡単な手順でRobをプリンタにドッキングさせれば、あとは数回マウスをクリックしてジョブを設定するだけで作業が開始されます。しかも、面倒な作業は出力ソフトウェアが引き受けてくれるため手間もかかりません。ソフトウェアが、Robとプリンタの双方とのやり取りを制御します。

空いた時間でオペレーターは別の作業を行ったり、仕事を終えて帰路に就くことも可能です。Robとプリンタが残業をすべて自らこなしてくれます。手抜きや品質の低下もありません。Robは24時間365日いつでも作業をこなせる状況にあります。常に安定した精度と高い効率で、不満を漏らすことなく業務を処理します。swissQprint製プリンタ機でのRobを利用度は高まりつつあります。Robを活用することで、納期の短縮と、収益アップが図れます。

Robが不要なときは、片隅に待機させておけば邪魔にはなりません。プリンタへのアクセスは常に確保されます。

ケーススタディ

アレックス氏はImpala 3での作業を担当しています。今日はマルチパネルの工事看板や異なるサイズのロールに加え、全て寸法が違ういくつかの少量のジョブをこなしました。終業時間間際、宝石店から急ぎの注文が舞い込みました。販促用ポスター500枚の印刷、Robにぴったりな仕事です。

アレックスは帰宅前にジョブの設定を行いました:
基材: 厚さ1 mm、500 × 700 mmの発泡PVCボード
枚数: 500
印刷モード: クオリティモード(48 m²/時)


Rob Case Study

10時間ですべて印刷されました。つまり、RobとImpala 3が、誰も監視していない中で夜勤をこなしたわけです。翌朝、アレックスは指定時間より早めにポスターを納品し、お客様からはその品質と処理時間に感心していただくことができました。アレックスは、足取りも軽く、多くの仕事が待ち受けるプリントショップへと戻りました。

Copyright © 2019 swissQprint AG. All rights reserved.

Facebook | YouTube | Vimeo     General Terms and Conditions | Contact | Privacy | Legal notice