9 ピコリットルドロップレット

ファインアート印刷には9ピコリットルのドロップレットが必須です。これによって、細かい色のグラデーションで写真プリント作業を極めて正確に行えます。色の均一な広がりや細かいディテールの再現が求められる複雑なテーマが、最小のフォントサイズでもピン先の鋭い活版印刷で見事にレンダリングされます。

オフセットはファインアートの印刷にもはや不可欠ではありません。swissQprintの大判プリンタでは、印刷ファイルをファインアートグラフィックとしてリップし、これをAmber(プリンタの出力ソフトウェア)に提示するだけで、同等の品質レベルを極めて簡単に達成できます。2160dpiまでの視覚的印刷解像度が出せるよう、ソフトウェアが自動的に9ピコリットルのインク滴に切り替えます。

もちろん、同じ印刷ファイルを通常の14ピコリットルのインク滴で印刷することも可能です。こちらの標準インク滴を選択しても、品質と効率の絶妙なバランスを確保します。どちらの場合も印刷前工程は同じです。オペレーターが使用するプリントモードを選択するだけです。

9ピコリットルのインク滴(右)では、14ピコリットルのインク滴(左)よりもエッジがシャープで、ディテールが細かく再現されています。



高解像度と組み合わせてインク滴を小さくすることで、色域を大幅に拡張できます。
その結果、非常に滑らかな階調度と均一な色の広がりを出すことができます。

さらに、校正済みのswissQprint製プリンタ は、インク滴14ピコリットルと9ピコリットルのいずれも Fogra PSD (Process Standard Digital) に準拠しています。 すなわち、一貫した再現性を持った高い印刷品質を実現できることを意味し、要求の厳しいエンドユーザーをロイヤルカスタマーに転換する上で求められることでもあるのです。

Copyright © 2020 swissQprint AG. All rights reserved.

Facebook | YouTube | Vimeo     General Terms and Conditions | Contact | Privacy | Legal notice