タンデム

タンデムモードとは、プリンタとオペレーターが連携して、プリンタをノンストップで動作させて生産性を最大に高めることができる機能です。

メディアのセットはが印刷テーブルの前部・後部のどちらでも行えます。例えばテーブルの前部で印刷を行っている間に、オペレーターが後部にメディアをセットすることができます。その逆も可能です。こうすることで、作業を中断なく継続することができるのです。

バキュームテーブルは前後で独立して作動し、どちらも連続印刷機能を備えています。その効果は、前部で印刷を行っている間に、後部のみオフにすることが可能であり、マスキングする必要はなくなります。

この技術により、特にステップアンドリピートおよび面付けプリントモードのときに、大幅な時間短縮が図れます。

swissQprint Tandem operation

テスト結果

スピードモードにてNyala 3で700×1,000mmのパネルを生産、タンデムを使用。
結果:1時間あたり235枚。タンデムを使用すると生産性が71%アップ(使用しない場合は1時間あたり143枚)

結論: 
同一メディア(ステップアンドリピート)でも違ったメディア(面付けプリントモード)であっても大量生産の場合はタンデムを使用する事で生産性が向上します。特に個別のメディアを使用する場合は、このオプションは非常に重要になります。

Copyright © 2020 swissQprint AG. All rights reserved.

Facebook | YouTube | Vimeo     General Terms and Conditions | Contact | Privacy | Legal notice