ファッショナブルに

ハンドバッグやフットウェア用に 最も人気のある素材の扱い方

Ricci Enrico S. r. l. ,サン・マウロ・パスコリ,イタリア, デジタルプリントがレザーファッション業界を制覇:swissQprintのデジタルプリンタにより、小さなレザークラフトビジネスが、靴やファッションアクセサリー用の高品質な半製品を製造する中堅企業へと発展しました。それがRicci Enrico社です。

Leather © swissQprint

1972年当時、Ricci Enricoは小さな工房で高品質のファッションアクセサリーを手作業で生産し、有名なフットウェアメーカーに供給していました。社名は今でも創業者の名を冠していますが、現在は3,000㎡の生産エリアで30人の従業員を雇用し、年間売上高は200万ユーロです。Ricci Enrico S.r.l.本社は、イタリアのエミリア=ロマーニャ州フォルリ=チェゼーナ県サン・マウロ・パスコリにあります。この地域には、Sergio Rossi、Pollini、Casadei など、世界有数のフットウェアブランドがあります。

同社は現在、創業者の子であるGianlucaとElisa Ricciによって経営されています。彼らは1990年代の終わりに、父親をサポートし、事業を継続的に発展させするために参入しました。彼らはまず、カッティングとスタンピングのデジタル加工を導入しました。この新しい動きは生産能力を高めるだけでなく、ビジネスの多様化への引き金となりました。

デジタルプリントはファッション業界の顧客からの提案を受けて2013年に導入されました。「最初は1.6×2mのプリンタでスタートしました。」とGianluca Ricci氏は振り返ります。UVプリントで可能となる特殊効果への需要の高まりに対応するため、2015年には2台目のプリンタを増設しました。しかしそのプリンターは扱いにくくプリントに時間もかかりました。「さらに前進するためには、技術のめざましい進歩が必要でした。」とGianluca Ricci は説明します。

工業用皮革プリント

2018年9月にNyala LED大判プリンタを導入することで、Ricci Enrico社は高品質な製品を工業生産するための礎石を築きました。それまでにGianlucaとElisa Ricciは幅広いソリューションを評価しながら、すでに市場調査に丸1年を費やしていました。彼らはやがてFenix Digital Groupを介してswissQprintを知るようになり、すぐにこれだと確信しました。「Nyala LEDは革製品のビジュアルを改善しながら、プリントプロセスをよりシンプルに且つ高速にするためのすべての要件を満たしています。」Nyala LEDは18のプリントヘッドが装備されている3.2×2mのフラットベッドを特徴とするUVプリンタです。安定したロールtoロールシステムが、プリントベッド全体に基材を運び反対側できれいに巻き上げます。集中制御システムにより、常に完璧なプリントイメージを確保するためにメディアのテンションが調整されます。

Ricci Enrico社のSwissQprintプリンタはCMYKに加えて、ライトシアンとライトマゼンタのほか、ホワイトとバーニッシュを搭載しています。Nyala LEDは最大2,160 dpiの視覚解像度でプリントし、多様なプリントモードを備えています。「私たちはテクスチャプリントとバーニッシュプリントを定期的に使用しています。」とGianluca Ricciは例を挙げます。インクのレイヤーを正確に重ねてプリントすることで触覚や視覚のある構造を作り出しています。エフェクトバーニッシュはプリントされた製品に視覚的・触覚的効果をもたらします。

bag © swissQprint

複雑なプロセスの簡素化

革はファッショナブルな靴やハンドバッグ用に最も人気のある素材です。それだけでなく衣服、家具、装飾の分野でも人気が高まっています。 革は非常に汎用性の高い素材ですが処理が複雑であり、それはプリントにおいても同様です。「Nyala LEDは直感で理解できる操作のおかげでプロセスを簡素化します。非常に独創的なアイデアでさえ、ほんの数ステップで実現できます。」とGianlucaはコメントしています。Ricci Enrico社は半完成革製品の数少ないサプライヤーとして、手作業の職人技と工業生産技術を組み合わせた方法を開発しました。社内のデザイン部門は常に新しいソリューションの開発に取り組んでいます。こちらの写真の女性用ハンドバッグのパターンの試みは、顧客から熱い反響を何度も受けています。

ベースとなるのはペブルグレインのエンボス加工が施されたホワイトレザー。「中央に鮮やかな色の魚を配置し、力強い色と柔らかなグラデーションでプリントしました。」とGianlucaは説明します。モチーフは多層のレリーフプリントで、所々にバーニッシュで仕上げられています。「出来上がりの品質は優れています。お客様はこの商品に強く興味を持ち、同じような注文を折り返し送ってくれました。」Gianlucaは嬉しそうに報告します。 そしてこの比較的シンプルなプロセスが、高い付加価値を生み出したと彼は付け加えています。

Material © swissQprint

革は非常に汎用性の高い素材ですが処理が複雑です。 Nyala LEDはプロセスを簡素化し、非常に独創的なアイデアでさえ、ほんの数ステップで実現できます。

Material © swissQprint

会社と共に成長するプリンタ

Nyala LEDはRicci Enrico社の生産性を向上させ、プレミアム製品のポートフォリオ拡大を可能にしました。作品の芸術的な局面はまだ非常に時間を要します。「しかし、Nyala LEDでこの時間を補うことができます。」とGianlucaは語ります。Ricci Enrico社は非常に多くの異なる種類の注文を処理するため、多種多様な仕事が可能なNyala LEDには1人の専属オペレーターが配置されてます。

swissQprintは、プリンタ用にさまざまな後付け可能なオプションを提供しています。

Ricci Enrico社はこれまでにいくつかを導入しておりますが、数多くのオプションが残っているので安心して利用できます。「この業界では柔軟性が運命を左右します。Nyalaを使用することで私たちはイノベーションを起こすことができ、さらなる将来的な発展の可能性もあります。」

UVインクは製品の品質に大きな役割を果たします。革の柔軟性には密着性の高い伸縮性のある印刷インクが必要です。Gianlucaはそれを良く理解し、「インクは伸縮性がありバーニッシュはひび割れもせず、不良品の発生はありません。」と語ります。

Gianluca Ricciは投資に満足していることを表明しています。「私たちは2018年からNyala LEDを使用して製造しています。優れた品質の堅牢で信頼性の高いマシンです。これらの利点はエネルギー消費量が少ないことと相まって、投資収益率の向上に役立っています。」

RicciEnrico logo © swissQprint
会社名
Ricci Enrico S.r.l., イタリア・サン・マウロ・パスコリ
ウェブサイト
業種
半製品革製品
創業
1972年
従業員数
30人
プリンター
Nyala LED
主要顧客
世界的なフットウェアとファッショ
ンブランド