ロールtoロールプリンタ用インク

ロールtoロール印刷では、柔軟性が重要視されます。インクは基材と同等のストレス耐性が要求されます。さらに、色の輝度はバックリットでは特に重要です。ロールtoロール用のswissQprintインクは、これらのすべてのポイントを兼ね備えています。

Meshkit © swissQprint

swissQprintのロールtoロール用UVインクは、ロールメディア用に特別に開発されました。テンションファブリックフレームへの取り付けや裁断工程など、基材が加工中に耐えなければならないあらゆる動きにも対応できる柔軟性を持っています。このインクセットは、高い輝度と広い色域により、バックリットアプリケーションに適しています。

Inks © swissQprint

FR1

ロールtoロールプリンタ用UVインク

Inks © swissQprint

FS1

蛍光特殊インク

FR1インクはNVCフリーで、Greenguard Gold認証を取得しています。印刷物は病院や学校などの、環境により配慮が必要な場所でも使用できるため、さらに幅広い用途にご使用いただけます。

マテリアルとアプリケーション

swissQprintインクにより、ロールtoロールプリントのさまざまな領域をカバーできます。以下の対応基材は一例で、さらに多くの基材に使用可能です:

ポリエステル生地

アプリケーションの例

テンションファブリックフレーム

自己吸着フィルム

アプリケーションの例

POP、店頭のウィンドウ装飾

バックリット

アプリケーションの例

内照ライトボックス

キャンバス

アプリケーションの例

壁画、壁の写真

メッシュ

アプリケーションの例

外壁広告、建物のラッピング

壁紙

アプリケーションの例

商業・個人向けインテリアデザイン

アプリケーションの例

ポスター、ビルボード

ペットフィルム

アプリケーションの例

ハイエンド向けPOPバックリット

ポリプロピレン

アプリケーションの例

ロールアップ

バナー

アプリケーションの例

屋内・屋外広告

ブロックアウトテキスタイル

アプリケーションの例

テンションファブリックフレーム

構成オプション

ロールtoロール用UVインクは、ライトカラーを含むプロセスカラーが基本となります。オレンジ、白、バーニッシュで補完します。

swissQprintプリンタ用に計画されたお客様の用途に応じて、最大9カラーチャンネルを利用できます。将来的にプリントの用途が変化した場合にも、チャンネルの構成は、拡張・変更が可能です。

CMYK © swissQprint

ラ イトカラー

ライトシアン、ライトマゼンタ、ライトブラックは、自然な肌の色、微妙なグラデーション、陰影を再現します。ファインアートなどの用途に効果的です。
White © swissQprint

ホワイト

ホワイトは下地層、中間層、最上層として透明フィルムメディアに使用します。色付き、暗色の基材においてはスポットカラーとして使用します。
CMYK © swissQprint

オレンジ

オレンジはプロセスカラーと組み合わせて使用することで、オレンジと赤の色域を大幅に広げることができます。また、スポットカラーとして使用することもできます。その他のスポットカラーもご要望に応じてご用意できます。
Varnish © swissQprint

バーニッシュ

エフェクトバーニッシュは視覚的効果を生み出します。壁紙のデザインなど、部分的に塗布する場合と、表面仕上げとして全体的に塗布する場合の両方があります。
Neon © swissQprint

ネオン

ネオンイエロー*とネオンピンク*は、出力物にまばゆい輝きを与えます。また、ブラックライトでは蛍光色になります。ぜひ鮮やかさをご覧ください。

* 屋内での使用に限ります。